News

2013-04-10:   【日本での健康被害】
2013-04-10:   【年配女性に有益なサプリはビタミンD3だけか】
2013-04-10:   【サプリメントは不必要か?】
2013-04-10:   【サプリメントの健康被害】

Pick up


【サプリメントは不必要か?】

009 008 ビタミンサプリメントの摂取は大半の人では必要ないようです。 それどころか、年配女性では死亡リスクが高くなる恐れもあります――。米国医師会(American Medical Association)の内科専門誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン(Archives of Internal Medicine)」に10日、このような研究結果が発表されました。 米国では、2人に1人が何らかのビタミン剤を摂取しています。東フィンランド大(University of Eastern Finland)と米ミネソタ大(University of Minnesota)の研究チームは、200億ドル(約1兆5000億円)規模のサプリメント産業が既に栄養状態の良い国民の寿命を延ばすことに貢献しているかを探るため、米アイオワ州の女性を対象にした健康調査「Iowa Women’s Health Study」のデータ(参加人数3万8772人、平均年齢62歳)を分析しました。 1986年、1997年、2004年のサプリメントに関する自己申告を見ると、当初サプリを使用していたのは全参加者の66%だったが、04年にはこの割合が85%に上がりました。 サプリを使用している人は健康的なライフスタイルを示す指標が高かったそうです。サプリを使用していない人よりも非喫煙者が多く、低脂肪食の割合が高く、運動量も多かった。 ただし、サプリを使用した人の死亡リスクが使用しない人よりも高くなるケースも多数ありました。特に、鉄分のサプリは総死亡リスクの上昇と強く、かつ用量依存的に結びついていました。 一方で、カルシウムのサプリは一貫して総死亡リスクの低下に結びついていました。用量依存性は明らかになっていません。 研究チームは、鉄分サプリの使用者で死亡リスクが高くなる理由について、サプリを使用せざるを得ない根本原因が存在する可能性を排除しておらず、さらなる研究が必要だと述べています。

Home > 【サプリメントは不必要か?】

検索
フィード
メタ情報

Return to page top